今子供に伝えたい幸せを見つける為の大切だと思うこと8つ。【個人的意見】

今子供に伝えたい幸せを見つける為の大切だと思うこと8つ。【個人的意見】

人に変に思われそうとか、気にしていたとき、書きかけて投稿しなかった記事。

今の自分と話し合って、子育てについて投稿することにしました。

自分の感情を揺るがす、

周囲のマイナスや攻撃的言葉に

飲み込まれそうになってもいい。

でも立ち止まって、その言葉は自分が影響を受けるべきか?

良い影響を受けているか、

吸収すべきか

フォーカスすべきか

考えることが大切。

大好きな人でも、尊敬している人でも、

その人が発する言葉100%が信じるべきすべてではないかもと疑うこと。

子どもが家に帰って、元気がないときは美味しいスイーツたべながら話をしよう。

人の言葉に振り回されないでいいと教えたい。

感情的に相手が発する言葉をまっすぐ受け取り傷つき、

強い立場の人の言葉をまっすぐ信じて傷つき、

周りがみんなその人が正しいと思っているからと
飲み込む必要はないと思うしそう伝えたい。

周りがみんなそうだからじゃなく、

自分が心地よく感じられる選択をしているか?

子どもが周りの人が使っている言葉を

真似して

判断基準がわからず使ってはいけない言葉を簡単に使いだす時

その言葉を聞いてどう感じた?

その言葉は周りや自分が幸せになるような言葉?

と聞いてみるようにしている。

自分を励ますことの大切さ

子どもの様子の判断基準は私は表情と瞳、機嫌の悪さ。

あとは寝る前体がカチカチかリラックスしているか。

苦手なことをやるとき

やってもうまくいかないとき

自信を無くしそうなとき。

バカだからできない、どうせできない。無理。

そういう言葉を言う時は

ヤバい!弱いおこりんぼうの泣き虫OO君にのっとられそうになってるよ!!

出来る、大丈夫、楽しくなる、に切り替えなきゃ!!!と焦らせます。

発する言葉で

簡単に自分も

周りも

不機嫌は広がるし、

嫌な気分を広げるのは

幸せ気分を広げるよりもずっと簡単

わたしもまだまだ上手くできてないから悪い見本かな。。

弱った時は

勇気が出る大好きな映画を、家族で

ポップコーンを食べながら見る。

弱い負ける怖い恥ずかしいが悪い感情でないと伝えること大切なのは切り替えること

すべてはバランスだから。

弱いが有るから強くなろうと出来る。

負けるから強くなるキッカケになる。

恥ずかしい想いで

生き方を見つめ直す。

誰かが怖がっていたのが、

恥ずかしがっていたのが

なんとなく移っただけの時は早く気付いて欲しい。

今日まで大丈夫だったものが

怖がったり、

嫌いになったりするのは

だいたい周りの反応の真似。

そして、怖いも恥ずかしいも悪い感情ではないよ、
誰もが持っている感情だし、隠す必要もない。

成長するために経験する気持ち。

伝えられる事ができるのは素晴らしいということ

わが家では、隠し事がないのが

夫婦間でも

心地よい関係になるきっかけでもあるため

子どもにも悪い事でも隠さない、

子供がモヤモヤや気がかりをちゃんと話せた時は

伝えてくれたことを

思い切り褒めるようにしている。

言ってくれてありがとう。

早く教えてくれたからすぐ解決できるよ、

周りに助けて、どうしたらいい?って聞くことができるよ。

勇気出して言えたね!

また教えてね!と。

すぐ怒ってしまうしまだ全然いいお母さんではないけど、

自分が伝えられるタイミング、相手が受け取れるタイミングは必ずあるから、そんなときに伝えられる事を恥ずかしがらず伝える。

内緒話ほど気持ち悪いものはないし

悪いことはだいたいバレるし、

何より隠し事が少ないほうが

自分も周りも

心が健康でクリアで居られると思う。

自分を大切にしてくれる人間を見極めること

一緒にいたい。と思える人に出会うことはとても大切だし、

色々なことに興味を持つきっかけにもなるし、世界が広がる。

一番大切にして欲しいのは好きな人よりも

自分を大切に扱ってくれる人。

言葉で、態度で大切にしてくれる人を見極める事。

表面だけの言葉じゃなくて。

行動思い習慣が自分を作る。パターンは変えられるということ

私自身がまだ学ぶ段階だから説得力ないかもしれないけれど

生きている中で、年月のリズムや繰り返しは当たり前のようだけど。

自分自身で、生きる中で、

良い生活や仕事、考え方のパターンを日々繰り返す事が、うまくできている人は強いと思う。

全然プラスになんか考えられないし、全部うんざり!なんて時はその気持ちの自分に寄り添って、

一緒に泣いて、

悔しがって、

自分を大切にする時間を誰にも邪魔されないように取る。

深呼吸をして、

身体をリラックスさせて

リセットして、少し違う方向を見て

またすすめばいい。

余計なマインドは呼吸で全部捨ててしまおう。

自分がやったことはどこかで返ってくるということ

人との関わりを見ていて気になったときは伝えている。

子どもが悪い行いを止められない、繰り返すとき。

その行動が周りに広がっていい影響を与えるか?

困る人がでてくるのか?

真似されてもいい行動か?

その行動を続けて幸せが広げられるのか?

幸せになるのは自分の気持ちだけの自己満足か?

そのあたりのイメージを伝えるようにしている。

無人島に行ってどちらか一人しか助けられないとき
助けてもらえる人間になりなさいと。

勝手で食料全部奪われそうな信用できない人間にはならないように。

まとめ

私自身が生きるのが下手だし、不器用。

でも辛かった事があるからこそ今につながった幸せもあると思う。

油断するとすぐに、ごちゃごちゃ考えるマインドに平和な気持ちを乗っ取られる。

でも大切なのは平和な気持ちや、

見返りを期待しない思いやり、

自分がどう見られるかじゃなく、

愛と平和な気持ちで

どんな自分でいるか。

わかっては来たんだけど、なかなか上手くできないけどね、

それを学ぶのが生きることなのかな。